クリーン包装について

クリーンルームというのは、NASAの実験室から始まった微生物の少ない空間だそうです。
クリーン包装というのは、微生物の生菌数を抑制した食品などをクリーンルームにより、必要な清浄度をもった包材で包装することだそうです。
包装内の微生物を限りなく少なくする包装方法ということになるそうです。
クリーン包装された食品は、無菌ではないそうです。
無菌ではなくても、初発菌数が少ないため増殖の抑制ができるそうです。
そのため、一般の食品包装に比べて保存可能期間を伸ばすことができるそうです。
おもにスライスハムやチーズ、惣菜類、生パン粉、切り餅、米飯などに用いられるそうです。
クリーンルームにはクラスがあるそうです。
クリーンルーム内における微生物清浄度の規格は100,一万、10万で、10万クラスは3千m級の高山、1万クラスは大気圏のクリーン度に匹敵するそうです。
100は成層圏でも得られないほどの清浄度だそうです。
クラスを上げるためには、高性能・超高性能のフィルターを使用するそうです。そして換気回数を高めるそうです。
ただ、とても設備と稼働の費用がかかってしまうそうです。
また、こういったところは微生物を死滅させる場所というわけではないそうです。
あくまでも清浄室ということで、使用する場合は、食品をよく洗浄して、初発菌数を少なくして低温で作業する必要があるそうです。
クリーンルームの方式には、乱流方式(10万~1000)、水平層流方式(1000~100)、垂直層流方式(100以下)があるそうです。
微生物を対象に制御する部屋をバイオクリーンルームと呼ぶそうです。
塵埃を対象に制御する部屋をホワイトクリーンルームと呼ぶそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です