食品包装の密封性について

内容物を保護するために封緘をするのですが、封緘にはヒートシール、機械的な結束、接着剤貼りなどの方式があるそうです。
さらに、食品の保存性・保護性を高めるために、密封が必要とされているそうです。
食品衛生法では、ヒートシール、缶詰の二重間巻締、ビンの密栓の三種類を密封と定めているそうです。
針金による結紮というのは認められていないそうです。もしも密封性が損なわれると、各種のバリア性もなくなってしまい、それと同時に外部から細菌・真菌などの微生物が入り、二次汚染を起こす原因となるからというものでした。
封緘のヒートシールの中では熱板、インパルス、超音波、高周波のシール方式が一般的に使用されているそうです。
現在もっとも一般的なのは熱板シールで行うことだそうで、これが不適合ならば超音波シール、高周波シールのどちらかを選択するそうです。
複合フィルムの積層の基本となるのは、基材フィルム/バリアフィルム/シーラントフィルムだそうです。
最内層のシーラントフィルムは、ヒートシール適性が目的のフィルムだそうです。強度が強く、安価で密封性に優れているそうです。食品と直接接するため高い衛生安全性が求められているそうです。
素材としてはポリエチレン(PE)とポリプロピレン(PP)が多く使用されているそうです。
主なシーラントフィルムは、低密度ポリエチレン(LDPE)、無延伸ポリプロピレン(CPP)、アイオノマー(ionmer),エチレン酢酸ビニル共重合体(EVA),リニア低密度PE(L-LDPE)だそうです。
低密度ポリエチレンは安価で、熱シール条件や温度許容も広く作業がしやすいそうです。そのため、多くの製品に使用されているそうです。
無延伸ポリプロピレンは、耐熱性があるということでレトルト食品に適しているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です