緩衝材を役立てる

緩衝材を暮らしの中で役立てる事で、私の日々の生活が、少しずつですが、豊かなものになりそうな予感がしています。私のこんな、落書きのような暮らしぶりが、皆さんの参考になればと思い、書き込んでみました。緩衝材の特性を良く知る事で、暮らしの場面々で使い分けが生まれ、緩衝材と仲の良い暮らしができそうです。緩衝材を家具の下に敷く友人のアイディアは、本当に、暮らしを楽しみたいという心意気の現れなのだなという気づきがありました。私自身は、どちらかと言うとズボラな性格を自負していますので、友人のような小奇麗な暮らしぶりには、はまらないと思っていたのですが、緩衝材シートという、良き暮らしのパートナーを得た事で、様々な角度から、ライフスタイルに変化をもたらしてみたいと思います。友人曰く、キッチンにゴキブリが出没するのは、住人が呼び込んでいるのだそうです。殺虫剤も良いですが、ココ(キッチン)は、ゴキブリ主体の住み家ではないという事を、マーキングして教えれば寄り着かないのだそうです。ゴキブリにメッセージを送るのだそうです。友人の自宅では、ゴキブリ避けを、ゴキブリへのハーブメッセージを呼んでいるのだそうです。あえて、ゴキブリが好む環境を作り出さない事が重要なのだそうです。こまめな掃除と、ちょっとしたお互いの住み分けですね。本当に、少しの気遣いでできるものなのだなと感心してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です