チーズやパンやコーヒーを包装する

ナチュラルチーズというのは酸素を吸収して炭酸ガスを出すそうです。
野菜や果物と同じようにMA包装が重要だそうです。
従来の標準的なものはPET(12)/PE(30)の構成だったそうですが、フィンシールの重ねた部分からストロー抜けするということで、ONY(12)/PE(30)の構成に変わったそうです。
コストアップのために最近では、高融点HDPEと低融点VLLDPEの2層共押出フィルムとPETのラミネート構成に変更したそうです。
高融点層がスポンジのような働きをするそうで、ヒートシール面の圧力の分布偏差を緩和してくれるからだそうです。
それによってフィンシール重ね部分のシールを完全にしてくれるそうです。
フランスパンを包装する方法も特別なことがあるようです。
パンの表面の硬さを保つためにフィルムに丸孔を等間隔で開孔率を約6.2%にして孔を開けているそうです。
そしてパン内部の水分蒸発を適度に逃していくそうです。
フィルム内部に水分が付着しないようになるそうで、この方法により、フランスパンの独特の触感を保つことができるそうです。
フランスパンは買って帰って次の日にはパリパリ感がなくなるような気がしますが、外国で開発されたプランスパンの包装袋を使うとパリパリなのでしょうか。
コーヒーの場合は、コーヒーを豆で買ったり挽いてもらったりしてくれる店で買うと、調節弁が付いた袋に入れてくれるのを見たことがあると思います。
コーヒーから発生する炭酸ガスを放出する調節弁(逆止弁)付き袋は、片面がK−PET構成、反対面はアルミ箔構成となっているそうです。
片面K-PETというのは、透明になっているためにコーヒー豆の様子が見えるからということがあるそうです。
コーヒー袋の逆止弁付きというのは炭酸ガス障害を防ぐことができてとても良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です