プラスチックフィルムの場合

ヒートシールの性能は、包装するものの衛生が保てるかどうかのとても大切なものとなります。
中身が保護されるのはもちろんですが、ばい菌が入り込んだり、湿気でカビるのもイヤですよね。
プラスチックフィルム製の包装袋は、充填包装機に巻き取り品を供給して、インプラントで三方、四方で袋状態にされているものや、枕のような袋になっているものもあるそうです。
予め袋状にしたものをスタッキングされているものもあるそうです。
どの方法も中身を入れたときに熱封緘効果を発揮できる材料で、温度、圧力、時間の条件を考えながら、ヒートシールの強さを出すのですが、それがある意味すべてと言ってもいいそうです。
ポテトチップスの袋など熱封緘されている感じです。
どの食品が入っている袋を見ても熱で封緘されている気がします。
プラスチックフィルムというのは幅が広いですが、ヒートシールがうまく機能するようにいろんな工夫がされているのですね。
アルミ箔を元にした材質ではシーラントをラミネートしたものを使用しているそうです。
袋の内面がアルミ箔っぽいのもありますが、そういうのもちゃんと袋が閉じられているのはそういう工夫をしているということのようです。
JISには単体または複合フィルムでヒートシール強さの性能区分が定められているそうです。
実用面で要求されるヒートシール性能は、密封で保護するために必要で十分な強さはもちろん、低温シール性、ホットタック性、夾雑物シール性が要求されるそうです。
低温シール性が必要な理由としては、分厚いラミネートフィルム、熱性の比較的低いもの、またほっとスタック性などヒートシール性能を高めるからだそうです。
低温シール性はこれらの安定にも欠かせないものだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です