ジッパーとパウチ

開封が簡単でまた閉じられるといえばジッパー型だと思います。
最近では、袋物で売っている食品はジッパータイプの包装が増えたと思います。
易開封として、ジッパー、スライダー、薄型ベルクロ、粘着剤方式、結束バンドなどの5種類があるそうです。
それぞれ簡単に開ける工夫がされているそうですが、やはりジッパー型のパウチが多くなっているそうです。
紙の包装の場合は結束バンドで封をしている場合も見られるそうです。
フィルムの場合は、粘着剤コートを使った易開封、再生性包装をみられるそうです。
ジッパーはいろいろな形状のものが実用化されているようです。
ジッパーの断面形状は約6種類程度に分けられるそうです。
開封するのも簡単ですし、また封をするのも簡単です。
簡単に開け閉めできるようにますます技術開発も進んでいるそうです。
また、より密封性を重視したものもあり、材質はEVAが圧倒的に多いそうです。
ジッパー付きの再封性フィルム絞り成型包装は、トレイを無くす方向にある包装業界で、ますます増えているそうです。
またスライスハムの包装で見かけるのがハムの形のままパッケージされているものがあると思います。
そこが一体型の製袋機ならびに袋も増加しているそうです。
四隅をオフセットシールした角型S-UPパウチが急激に増加しているそうです。
包材構成はPET/LLDPE構成かPET/EVOH/LLDPE構成が多いそうです。
角袋型スタンドアップパウチというものは、今では当たり前になっている自立した袋容器のことだそうです。
ドイツの会社が角袋平底パウチの自動性袋充填包装機を積極的に展開しているそうです。
この形にして輸送面でも向上しているそうで、家でもスタンディング型の容器は使いやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です