バリア性包装技術

食品を保存する技法として、真空包装、ガス置換包装、脱酸素剤封入包装、乾燥食品包装、アセプティック充填包装、液体熱充填包装、レトルト食品包装など、たくさんの方法があるそうです。
食品保存で使用される容器にはたくさんの機能や特性が要求されるものだそうです。
これらの中でも一番重要といわれているのがガスバリア性だそうです。
酸化というのを聞いたことがあるかと思いますが、酸素が食品に与える影響というのはとても多いようです。
まず劣化。食品の品質の劣化はもちろん、風味の劣化、見た目の劣化、臭いの変化もありますし、アスコルビン酸の酸化など栄養価の減少につながることもあるそうです。
酸素はカビを増殖させたりもするそうです。また微生物に影響して食品を腐敗させたりもします。
炭酸ガスを含む炭酸飲料などは、炭酸が抜けないようにガスバリア性は必要だそうです。
食品や飲料の容器は、金属缶やガラス容器も使用されていますが、やっぱりペットボトルが多いような気がします。
金属やガラス容器は酸素、炭酸ガス、窒素などのガスを透過しないなどガスバリア性という点では、完璧だと思います。
一方でプラスチック材料の方は、ガスバリア性という点ではどうしても完全とは言えないようです。
もちろんプラスチックの材料によっては特性も変わってくるそうです。
またプラスチックの種類によっては、その程度も大きく異なっているそうです。
プラスチック包装材料の場合は、ガスバリア性を確保するための包装設計が必要となるそうです。
ガスバリア性を確保するためには、ガスバリア性の良い材料をガスバリア層にしたものになるかと思います。
多層構成の包装材料でいろいろと適応していくそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です