包装と食品表示制度

医薬品や医薬部外品、化粧品および医療器具に関する事項を規制するのは、薬事法だそうです。
医薬品や化粧品などの品質や有効性、安全性は絶対に守らないといけないわけですから、表示の方もきちんとしたものでなければ困ります。

薬事法というのは、これらの品質、有効性および安全性ということを確保することを目的として制定された法律だそうです。
そのため直接容器包装に表示したり、添付説明文書などの記載事項が定められているそうです。

  

食品の安全性確保のための表示は、食品衛生法に根拠を持ちます。
名称、添加物を含む旨、消費期限、賞味期限、保存方法、製造者、所在地を表示するそうです。

食品を販売する人(業者)は強制的にしなければならないそうです。
行政処分としては、営業認可の取消や営業の停止、禁止ということもあるそうです。

  

商品を選択するための表示は、JAS法によります。
一般消費者向けの飲食料品などが対象です。
名称、原材料名、添加物も含みます、遺伝子組み換え原材料を含む旨、内容量、消費期限または賞味期限、保存方法、製造者、所在地、輸入品の場合はその品名ごとに原産国を表示します。

行政処分として、農林大臣による表示基準を守る旨の指示、従わない場合は、公表と改善命令がされるそうです。

  

栄養成分表示は栄養改善法というものに寄るそうです。
ダイエットを気にしていると、商品の裏側を見てカロリーを気にしたりしますが、栄養改善法という法律を元にカロリーとか栄養成分が表示されているそうです。

熱量、タンパク質、脂質、飽和脂肪酸、コレステロール、糖質、食物繊維、ナトリウム、これらの含有量を記すそうです。

 

最近は商品の裏側を見て買う消費者も増えたようです。
これらも法律できちんと縛られているようです。