包装と情報表示

賞味期限や保存方法が包装に書かれてあるのは当たり前だと思って使っていますが、そういうところに書いていなければ健康被害につながる可能性があるようです。
目立つところに書くというのは、結局包装紙に書くということになると思います。

食品の包装で何が入っているかわかるということが一番だと思います。また、それに関しての賞味期限や保存方法も分からなければならいと思います。

添加物に対しても同じだと思います。
今は添加物に気を使う消費者が多いため、企業の方も、添加物なしとかいうのをウリにしたりもしています。
アレルギーのある人も、食品の表示が適当だったら、命に関わってしまいます。

  

JAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に対する法律)における表示制度は、JASマークと食品の品質表示基準からなっているそうです。
最近は生鮮食品の品質表示基準も定められているそうです。

魚の名前が実は別物というのもニュースでやっていました。
産地偽装という話も一時期ニュースで報道されることが多くありました。

有機食品の認証制度と表示基準、遺伝子組み換えに関する加工食品の表示基準が告示によって定められているそうです。
現在は食品の包装表示の充実強化が図られているそうです。
食品の多様化と産地の広域化が急速に進んでいるといいます。

 

商品に関する情報を消費者は知りたいわけですが、正しく伝えられることが一番大切だと思います。
ーパーでも道の駅でも商品を選ぶのは消費者ですが、正しく選ぶためには正しい表示をしてくれないと困ります。
生鮮食品では原産地、加工食品では原材料名ということです。
飲食料品の品質表示とともに表示することが定められているそうです。